レビトラについて


レビトラの正しい理解

 

ED治療薬として、最近とても有名になってきたレビトラという薬がありますが、これは一体どんなものなのか?
それを知っている人はあまり多くはないでしょう。

レビトラの主成分は塩酸バルデナフィルを配合しており、この成分は実はバイアグラにも入っているシルデナフィルというものと同じような効能があるのです。

基本的には、この成分がレビトラには10mgと20mgというものは、販売されており他の含優量の表記の物は、偽物であることもありますので気をつけましょう。

そして、肝心の効果ですがレビトラの主な作用として、男性の性器の海綿体の緊張を緩めることで、血流を良くすることで勃起しやすくなるというような仕組みになっています。

それと同時に、勃起を阻害する効果のある酵素の働きを防ぐことで、勃起が途中で終わってしまわないようにするという効果もあるのでし始めは勿論、満足するまでセックスを続けることもできるというようになっているのです。

レビトラ錠 通販は、吸収力も高いので即効性が高いということも、一つの特徴になって居ます。

そして、何より一番の特徴はレビトラは性欲を高めたりするような効果はなく、飲んだからと言っていきなりムラムラするような効果はありません。

そういう事なので、あくまで性的な効果を一度感じてから、勃起するという自然な流れを読み取ることができるのです。


レビトラの正しい使い方

 

レビトラを使う時、他のED治療薬に比べると使うタイミングが、とても遅めというかセックスをする前の、タイムラグがとても短くて済むのです。

バイアグラを使う時は、セックスの1時間近く前に服用するというのが基本になってきますし、何より食事をすることは、控えるのが普通です。

空腹時のセックスって、体力を使いますし結構大変なのですが、レビトラに関してはこのことに全く心配要らないのです。

というのも、レビトラは食後に服用しても十分な効果を期待することができますし、そもそもこの薬の効果は飲んでから、効果が表れると自動的に勃起するというようなものではありません。

薬の効果が出始めてから、そこで性的な快感を与えるとそれに応じて勃起するというものなので、勝手に勃起しっぱなしになったりすることはありません。

レビトラは効果自体が長時間継続するという性質上、一日の服用する限度は1回になりますので、2日の間に何度も服用するということは効果が増大することはありませんし、副作用の大きさやリスクが高まるだけなので絶対にそんなことがないように気をつけましょう。

医薬品の副作用、というのは馬鹿にした物ではなくそれこそ重くなるものが重なれば、命に関わるような症状すらも、起こし得るのです。

ただの勃起不全治療薬だなんて・・・軽い見方をしたりしないようにすることは、勿論ですが用法容量を守り、他の飲み合わせの悪い薬と併用したりしないように、十分注意を払いましょう。

更新情報

◆2014/02/05
レビトラについての情報を更新しました。
◆2014/02/04
運営者情報の情報を更新しました。
◆2014/02/04
edの症状と治療に大事なことの情報を更新しました。
◆2014/02/04
天然のレビトラ効果を持つマカについての情報を更新しました。
◆2014/02/04
サイトマップの情報を更新しました。